【EAレビュー】エメラルド

【EAレビュー】エメラルド
この記事を読むのにかかる時間: 227

最近発売されたエメラルドについて簡単にレビューしてみます

EA概要

3つの高度なトレードエンジンを搭載したスキャルピングEA
エメラルド
エメラルド | fx-on.com
以下FX-ONの説明引用です

通貨ペア[USD/JPY]
取引スタイル[スキャルピング]
最大ポジション数2
運用タイプ 単利/複利運用
最大ロット数-
使用時間足M1
最大ストップロス0その他:自動計算
テイクプロフィット0その他:自動計算
両建てあり
その他ファイルの使用あり

要点をまとめると

商品説明が結構長いので要点だけにしぼります

①どのような通貨ペアでも利益を上げることができる

⇒どの通貨においても通用するトレードロジックであれば、相場に対する優位性が高そうです

スプレッドが小さい通貨ペアであれば、通貨を選ばずに利益を上げることができます。ただし、2017年3月はじめよりリアルトレードを開始したEAのため、実績に関してはこれからということになります。

また、通貨を選ばずとご説明しましたが、スプレッドにシビアなEAですので、流動性が多くスプレッド1pips以下のUSD/JPYを取引推奨通貨とします。スプレッドが狭ければEUR/JPYの成績も良く、EUR/USDもやや推奨できます。

この通貨を選ばずに利益を上げる特徴は、開発段階で「過剰最適化(カーブフィッティング)」を避けるために設けた仕様(ガイドライン)に基づいています。
つまり、「EAはテクニカル分析である以上、どのような通貨においてもトレードロジックに共通性があるのではないか」。そして、取引通貨を絞ることは「過剰最適化(カーブフィッティング)」につながる可能性が高いのではないか。という認識からきています。

②バックテストの勝率は50%前後

直近2年では勝率48%程度、10年では51%程度

⇒必要な負けトレードも重ねながら利益を積み上げていくタイプのようです

③10年間のリスクリワードは2:1よりちょっといいくらい

平均利益は7.99ドル、平均損失は3.41ドル

⇒少し勝率が落ちたぐらいであれば利益を残せる可能性が高い?
⇒勝率50%をわずかに超えながら利大損小が実現できている

④10年間でマイナスの月もたまにあるがだいたいはプラス

⇒負けが続いた場合でもマイナスになりにくく収益力がある?

リアルフォワードの公開あり

作者様のBlogでリアルフォワードが公開されています。
まだ期間は短いですが、好感が持てる要素のひとつになると思います

雑感

3つの高度なトレードエンジンを搭載したスキャルピングEA
エメラルド
エメラルド | fx-on.com

面白そうなEAなのでフォワード期間は短いですが導入してみます。
実はこのためにOANDA(TY3)⇒OANDA(Pro)に引っ越しました

とりあえず最初は低Lotで様子見しようと思います!