【海外取引所】Binance(バイナンス)を使ってみる【仮想通貨】

【海外取引所】Binance(バイナンス)を使ってみる【仮想通貨】
この記事を読むのにかかる時間: 214

最近注目の取引所Binanceについてみてみます

会社概要

Binanceは2017年7月にオープンした香港拠点の仮想通貨取引所です

新しい会社ですが、今年の12月には1日の取引高が世界1位となっています!
その理由についてみていきます

取引通貨が多い

2017年12月時点で90種類以上の仮想通貨を取り扱っています!
日本の仮想通貨取引所と比べるとかなり多いです!

海外取引所で有名なBittrexやPoloniex等の取り扱い通貨よりは少ないですが、
Binanceでは毎週のように新規コインが上場されています

また下記の画像のように上場する通貨をユーザー投票で決めたりもしています!

日本語に対応!

海外取引所では珍しく、日本語に対応しています!
※BittrexやPoloniexは日本語をサポートしていません

ハードフォークコインを全てサポート

公式でビットコインのハードフォークコイン付与をすべてサポートすると明言されています!
(例えばZaifだとBitcoin Goldの付与は対応しないとアナウンスされています)

直近だと下記のフォークが予定されているようです

・Lightning Bitcoin
・Bitcoin God
・Bitcoin Uranium
・Bitcoin Silver
・Bitcoin Cash Plus

ビットコインを持っているだけで新しい通貨をもらえるので、
Binanceに預けるユーザーも多いようです

取引手数料が0.1%!

すべての仮想通貨の取引手数料がなんと0.1%!日本・海外の取引所でみてもかなり安いです。
コストは利益に直結するところなので、できるだけ抑えたいところだと思います

雑感

人気が出るのも頷ける取引所だなぁといった感じです。
送金用のBTCは下記の記事の日本の仮想通貨取引所で確保しましょう!

【仮想通貨】日本の仮想通貨取引所
日本の仮想通貨(暗号通貨)を取り扱う取引所について簡単にまとめてみますおさらい仮想通貨って何?Zaifを運営しているテックビューロの朝山さんの記事がわかりやすいです!仮想通貨界隈の雰囲気こんな感じですZaifZaifはテックビューロ株式会社が運営している日本の...