【VPS軽量化】MT4の動作を軽くしたい

  • 2016.08.16
  • VPS
【VPS軽量化】MT4の動作を軽くしたい
この記事を読むのにかかる時間: 148

少ないメモリのVPSプランでたくさんのMT4を起動するために、
MT4やリモートデスクトップの軽量化設定について、簡単にまとめておきます。

使っているVPSは?

お名前.com デスクトップクラウドの1Gコースを利用しています



利用料金を下記の表にまとめています!
利用期間が長いプランをまとめて支払いすると安くなります
24か月まとめて払う場合は、国内か米国サーバーかで支払い額が異なります

 1か月あたりの値段初回支払い額
1か月払い2,400円2,400円
6か月払い2,240円13,440円
12か月払い2,160円25,920円
24か月払い2,089円(米国サーバー)
1,781円(国内サーバー)
50,140円(米国サーバー)
42,743円(国内サーバー)
36か月払い2,061円74,210円

Windowsの設定で軽量化!

VPS上で「スタートメニュー」⇒「コンピュータ」で右クリック⇒「プロパティ」を押下します

Win1

「システムの詳細設定」を押下します

Win2

「詳細設定」⇒「パフォーマンス」⇒「設定」を押下します

Win3

「視覚効果」⇒「パフィーマンスを優先する」のチェックを入れる

Win4

設定が終わったら「OK」で完了!

プラスで仮想メモリもいじったら軽くなるはずなのですが、
VPS再起動で元の値に戻っちゃったので、ここでは省略します

 

MT4の設定で軽量化!

VPS上でMT4を起動して「ツール」⇒「オプション」と押下します

VPS1

①ニュースの削除
「サーバー」⇒「ニュースを有効にする」のチェックを外す

VPS2

②音の削除
「音声設定」⇒「有効にする」のチェックを外す

VPS3

③不要なバーを減らす
「チャート」⇒「ヒストリー内の最大バー数」と「チャートの最大バー数」の数字を減らす
(直接数字を入力)
VPS4

※注意:EAが動作するのに最低限必要なバー本数は確保してください。
わからない場合は10000~100000の間で設定しておけば問題ないと思います

①②③の設定が終わったら「OK」で完了!
 

結果は?

自宅PCの何も軽量化していないMT4とVPS上で軽量化済のMT4を比較してみます!

自宅PC

Before1

VPS

After1

まぁまぁといったところですかね?というわけで今回はこれで設定終了!